アイピルに関して説明する女性

アイピルは緊急時の避妊に頼りになる薬になります。緊急事態や想定外のことが起きた場合の備えに女性は持っておいて損はないかもしれません。万が一に備えて持っておくこととアイピルに関して知っておくことが大切です。

飲み忘れの心配のないアイピルや抗生物質を

アイピルは万が一避妊に失敗をしてしまった時に、最後の手段として用いることができる避妊薬となっています。
避妊を失敗した性行為後72時間以内であれば、高い避妊率をほこり望まぬ妊娠を防ぐことができ服用が早ければ早いほどその効果を期待することができます。
緊急避妊薬というのは性交後二回服用しなければならないものもあるため、このようなものは飲み忘れてしまうことによって避妊効果がなくなってしまうようなものもあります。

薬というのはしっかり飲みきらなければ効果が発揮されないものが少なくなく、抗生物質のように一定期間飲み続けなければならないように緊急避妊薬も決められた回数を決められた時間に飲まなければなりません。
しかし、最近は飲み忘れの心配がない抗生物質が登場したように緊急避妊薬に関してもアイピルのように一度服用すれば、それだけで避妊効果が現れる薬も出てきたのです。

ここで大事なことはアイピルはあくまでも常用をするものではなく、万が一避妊に失敗をしてしまった時に最後の手段として用いるものであり、普段から服用をしていると体にかなりの負担がかかってしまいます。
極めてきつい薬であるため、体への負担が強いため性行為の度に使うような薬ではないためです。
そのため、あくまでも最終手段として考えるべきで他の方法で避妊をしていたにも関わらず、失敗をしてしまったという時に使うことが重要となります。
体へ負担をかけずに避妊具を用いずに避妊をする方法としては、低用量ピルなどがありますから毎回アイピルの世話になるようなことを繰り返している場合には、低用量ピルの服用を考えるようにして緊急避妊薬に頼らない避妊法を用いることが大切です。