アイピルに関して説明する女性

失敗したらアイピル

アイピルは緊急時の避妊に頼りになる薬になります。緊急事態や想定外のことが起きた場合の備えに女性は持っておいて損はないかもしれません。万が一に備えて持っておくこととアイピルに関して知っておくことが大切です。

アイピルを飲むリミット

アイピルがあれば慌てない
↑アイピルの購入は通販サイトがお得です

アイピルを飲むリミットを知って、もしも避妊に失敗したら、すぐにアイピルを利用することです。世界中にはいろいろな避妊方法がありますが、日本においては男性のゴムの利用が大多数を占めているのが現状です。男性任せの避妊方法は、避妊に失敗をする確率は高くなります。劣化したものを使用すれば破れやすいですし、正しい装着ができなければ失敗します。男性だけの避妊で失敗をしたら、そのまま妊娠をするリスクが残ります。しかし時期がまだ早いとか、経済的なことで妊娠するのは阻止したいことも多々あります。緊急時に役立つのが、緊急避妊薬として存在をするアイピルです。モーニングアフターピルの種類にもなりますが、計画的に毎日飲むピルとは違います。飲むのは避妊に失敗をした時のみであり、常時飲む医薬品ではありません。女性ホルモンと同じ作用が有るのがアイピルですので、排卵であったり子宮内での着床防止の効果を発揮します。だからアイピルを飲むことにより、妊娠するのを阻止することになります。時間は永遠ではなく、性行為のあとの72時間以内に、アイピルは飲まないといけない医薬品でもあり、その有効期限内に飲むことで妊娠を阻止することになります。受精卵は卵管を通過して子宮へ届き、そして着床して妊娠の成立という毛亭の、そこまでの時間を考えて設定されているものです。臨床試験が行われて、その結果としては性行為の後の、24時間以内にアイピルを服用することができれば、そのお薬の作用によって、95%もの避妊成功率という数字も出てきています。72時間以内がタイムリミットになりますが、そのあとだと成功の確率が大きく低下していきます。72時間後になってしまうと、数字は58%にまでさがります。

アイピルのホルモンへの作用

アイピルは避妊に失敗した時に妊娠するのを避けるために服用するモーニングアフターピルと呼ばれる薬です。ピルと言えば毎日飲んで妊娠することを防ぐ薬ですが、アイピルは性交渉の後に飲むことで妊娠することを防ぐ働きがあります。アイピルの成分は、ピルと同じように女性ホルモンです。避妊のために毎日飲むピルとの違いは配合されている女性ホルモンの量です。アイピルは緊急避妊のために使うもののため、大きく女性ホルモンのバランスを変化させる必要があるためです。通常、妊娠しやすいと言われている排卵期には卵胞ホルモンが急激に増え、排卵後には減少してきます。その後、子宮内膜を厚くするために黄体ホルモンの量が上昇してきます。アイピルを飲むと黄体ホルモンと同じ働きをするホルモンが子宮に到達して子宮で黄体ホルモンが分泌されているのと同じ状態を作ります。アイピルの効果が切れてくると黄体ホルモンが亡くなるのですが、黄体ホルモンの量が減少したタイミングは、身体にとって生理が起こるタイミングになります。そこで子宮内膜を剥離させて生理を引き起こします。この、体内でのホルモン量の変化を引き起こすことがアイピルのホルモンへの作用となります。ホルモンの体内の濃度を大きく変化させるため、あくまで避妊に失敗した時だけに飲むようにしましょう。アイピルを飲んで3日~3週間ほどの間に消退出血が起これば、消退出血が起こる前日までに行った性交渉で妊娠はしていません。消退出血とは生理のようなものですが、人工的に引き起こしているもののためこう呼ばれています。3週間経過しても消退出血がない場合には妊娠してしまっている可能性があります。病院に行って検査を行うようにしましょう。

アイピルの体への負担

アイピルは性交渉後、24時間以内に服用することで95%の確率で避妊できるとされているアフターピルの1つで、ノルレボのジェネリック医薬品なので安く購入することが出来ます。毎日服用する低容量ピル等とは異なり、1回服用するだけでも避妊の効果があります。コンドームの代わりに避妊目的で使用するのではなく、避妊に失敗した時の為に備えている場合が多いようです。アイピルは服用することで頭痛やめまい、不正出血、吐き気などが副作用として最も多く起こるとされています。また症例としては少ないですが、腹部痛や下痢、貧血、嘔吐、月経過多や月経の遅れなどが起こる場合もあり、特に月経に関しては服用後しばらく時間が経ってからなので注意が必要です。いずれにしても、アイピルを服用した女性が不快感として副作用を起こすので、手軽にできる避妊方法ですが、男性側も女性に大きな負担になるということを理解してもらう必要があります。副作用は時間の経過とともに治まっていきますが、吐き気や頭痛などが治まらない、嘔吐を繰り返すようならすぐに医療機関で受診しましょう。アイピルは安価で購入することが出来、しかも性交渉後24時間以内に00服用するだけで高い避妊の効果を発揮することが出来ます。そのため男性の中ではコンドームを使用しなくても避妊することが出来ると思い、アイピルの服用を勧める人がいるかもしれません。また女性側でも同じことを考えている人がいるかもしれません。しかし服用する女性が副作用に苦しむ場合もあるので、自身の身体への負担を考えれば、避妊の方法として頻繁に使う方法とは言い難いです。あくまでも避妊に失敗した時のお守りとして使用する程度が、負担が少ないと言えるでしょう。